春重ロード福岡 INFORMATION

2022.08.29

陽気なフランス人の屋台「レミさんち」

会社員や買い物客が行きかう福岡市中心部「渡辺通り」の両側にはデパートやショッピングビルが軒を連ね、通りの下には地下街が広がるしゃれた大通りですが、夕方18時を過ぎると様子が一変。通り沿いに屋台が並び、おいしそうな匂いにひかれて人々が屋台に吸い込まれていく光景が見られます。そんな福岡の屋台に「庶民派フレンチ」屋台が誕生。「並ばないと入れない屋台」として多くのお客さんでにぎわっています。

 

 

夕方18時オープン。既に開店待ちの行列ができている人気の屋台!店長のレミさんをはじめ、スタッフさんは全員フランス人。福岡では初の外国人屋台です。オーナーでレミさんは日本語ペラペラ。他の2人のスタッフもある程度日本語のコミュニケーションが出来、英語とフランス語が飛び交い、遠方からの外国人観光客も多い。屋台も一から手作りでレミさんが製作。テーブルの下には荷物かけ用のフックがついていたり、簡易的な空調により暑い夏でも涼しく食事ができたりとお客さんの利便性を考えた既存の屋台にはない特徴で厨房スペースも衛生的。冷蔵庫や冷凍庫を完備し、皿洗い用のシンクに至るまですべてそろっている。 ※福岡の屋台はすべて電気水道完備で衛生的です。

レミさんが初めて日本に来たのは2001年。旅行で訪れた福岡で、屋台に恐る恐る入ってみたところ、お客さん同士が盛り上がっていて、その理由は「福岡ダイエーホークス(現ソフトバンク)が優勝した日だったから」。レミさんもその祝勝会の輪に巻き込まれ、言葉もわからない状態で、あまりのフレンドリーさに衝撃を受けたとか!その盛り上がり方が1998年のワールドカップフランス大会で優勝時の熱狂的な盛り上がりに似た「風土」を感じ取り、日本に住むなら福岡だと直感。その後、縁あって福岡に移住し、フランス料理店とパン屋さんを南区井尻で開業。オーナーシェフとして腕を振るっていたところ、福岡市の屋台公募制度の話を聞きつけ、熱意をぶつけながら市の担当者にプレゼン。見事当選を果たし、初の外国人オーナーとして屋台営業の許可を取得しました。

 

 

彼が作るおススメフレンチは、手作りキッシュと評判のエスカルゴとワイン!ガーリックの香ばしい匂いが食欲をそそぐエスカルゴ(750円)やハウスワイングラス(400円)は、美味!レミさんいわく、「屋台で出すのは家庭的なフレンチ。ビールやワイン片手にワイワイ楽しんで頂けるよう心がけています」と言う通り、上品ぶらない味は好感度アップ。屋台と言えば、お客さん同士の交流の場。レミさんも「観光客と地元の人たちとの交流を見るのが楽しみ」と、積極的に客同士をつなげる役割を担っている。屋台でナイフとフォークを使って食べるというのも新鮮。他にもお勧めはたくさんある!

 

スパークリングワイン(600円)や わらか牛肉ステーキ(600円)やオリジナルソーセージ、オリジナル・キッシュ、豚足も絶品!なお、屋台でビールというとほとんどが瓶ビールですが、レミさんちはビールサーバー完備。2人で来れば5~6品オーダーして2ドリンク飲んで4,000円程度でリーゾナブル・プライス!開店から30分ほどたった19時過ぎには既に空席待ちの行列がほぼ毎日続きますのでご注意下さい!

 

THE HOTELS HAKATA Kasane Baysideの公式YouTubeでも紹介されました♪

 

 

<屋台「レミさんち」>

住所:福岡県福岡市中央区渡辺通4-9 ロフト前

電話番号:092-986-2117

営業時間:18:30〜0:00

定休日:日曜日・月曜日 ※悪天候時は営業中止

公式Facebook リンクアイコン

カテゴリアーカイブ

年別アーカイブ